一切一大んだね・・・新人看護師が「辞めたい」という5つの一時

駆け出しの看護師が辞めたいという瞬間の一部分めは、自分のプライベートなお忙しいことです。独身時代は、傍らや恋人ってレジャーに行きたくても夜勤がある合体病院出社であれば、結構休日が合わないという問題があります。二つめは、日勤や夜勤による不規則な働き方を通じて病状をくずし易いことがあげられます。3つめは、駆け出し看護師のときは感じ取る診断関係の知能やキャパシティーが体積が多く、セールスがキツイ職場だ。4つめは、女性が多い企業につき、人間関係の悩みや圧力が苦しいことです。ネットワークが原因で辞めたいというほざく看護師も多いです。病院もクリニックごとに人間関係のイメージが違いますが、駆け出しの間はセールスを覚えるだけでなく上級や仲間にも気をつかわないといけないという二重の圧力といった戦わなくてはいけません。5つめは、患者さんとの不便だ。担当している患者さんの中には、重い疾患を抱えている人も多い結果、精神的に不安定になっている。ナイーブになっている患者さんとのコミュニケーションがうまくいかずに考え込む駆け出し看護師も多いです。また、看護していた患者さんが亡くなるなどの心的圧力は頂点駆け出し看護師が辞めたく至るケースだといわれています。殊更小児科クリニックの小さい幼児が闘病のすえに亡くなるときは、自分の家族を失ったように苦しいストックになります。

▲ページトップに戻る